トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

旅立ち

もっと磨いて
磨いて
磨いて…

輝きたいんだ
輝きたいんだ…
もっと輝きたいんだ

ごめんよ君

ありがとう

そしてこれからも
宜しく
スポンサーサイト
別窓 | 恋愛について | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

piano

不思議なことがある
ある曲を弾くとき必ず思い出す人がいる

作曲するときは それを伝えたい人物や
事柄 風景があって 思い出すのは普通のことかな

でも 自分の曲でもないのに 弾くとき必ず思い出す人がいる
それは曲ごとに違う
例えばバッハのメヌエットを弾いている
そうするとある女性の顔が思い浮かぶ
気になる人かと思いきや 
別の曲では男性の顔が思い浮かぶから違う
その人の為に練習した曲でもない
ただ身近にいる人物だ

練習の段階でその人のことを考えていたんだろうか
曲のポイントは別で記憶しているし
作曲するときみたいに曲に人物を当てはめて
イメージ化してしまったんだろうか
面白いほど必ず思い出す
でも詳細は不明だ

別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

出会い

出会いが人を成長させるとしたら
人は一人では生きて行けない
一人で生きて行けないから出会うのか

出会いの為に別れを告げる
くだらなくは無い
恋の話だけではないから

私は「素敵な自分」と出会う為別れを告げる

素敵な自分と出会う為 いろんな人と出会う
いろんな人と出会う為 自分を磨く
自分を磨く為 自分の時間を作る
自分の時間とは誰に許しを請うでもなく与えられる自由な時
その時間 喜怒哀楽
誰に甘えることもできない
その時間 喜怒哀楽
全て受け止めるということ
耐えられぬころ 旋律へ変えてしまえ

自分が感じる心
もったいなくて誰にもあげられない
その心 音にして 君に伝える

そんな出会いの為に私は別れを告げる

わがままな私を許してください
別窓 | 恋愛について | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ブルー



君に会えない日はブルーだよ
話せないから
君に会えた日もブルーだよ
上手く 話せないから

コーヒーもブルー
タバコもブルー

ブルーが好きだから
ブルーのタバコとコーヒーが好きなのか
たまたま好きな味の物がブルーなのか
どっちかわからなくなってきた

どちらでもいい
結局 人は潜在意識の中で生きている
「ブルーのものが美味しい」と
脳の奥底にあるならば
本当にそうなる

現実はある程度思い通りになる
脳にインプットしたように行動するようになるから
科学的について来ようものなら
ある程度思い通りになる

瞑想にこそ明日の行動を起こす秘密がある

別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

それでよかった

仕事は近くのその辺で
お金持ちなわけじゃない

君の家に行ったり
僕の家に呼んだり
洒落た夜は映画でも一緒に

たまの休日 週末とか
ちょっと離れた街まで
何も買わない 眺めては 
少し食事でもして

ちょっと危ない君の運転
君の好きな歌 僕の好きな歌
流れる時間 ずっとこのままでいたい

それでよかった 

戻らない優しい時間
一生の宝物

 
別窓 | 恋愛について | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

アラン

alan

この人。
サンダーバード3号パイロットのアラン・トレーシーさん。

・・・・

どう見ても関根勤にしか見えない

                 以上
別窓 | 今日のしらが | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Lucifer

Lucifer

燃え尽きた恋の後に 残るのは愛か灰

生まれる子どもは男か女か
科学の進歩により分かるようになる

燃え尽きた恋の後に 残るのは愛か灰か
時間が経ち わかるようになった時
君にとって僕は
天使でいられるのか
それとも
君にとって僕は
サタンへと墜ちていくのだろうか・・・

そう・・・

Luciferの様に・・・
別窓 | 恋愛について | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

劇団ガンダム

20051001102023.gif

http://gekidangundam.nce.buttobi.net/
面白いの見つけました。
劇団ガンダム

世の中まだまだ捨てたもんじゃないですね。
こんなすばらしい活動があったなんて。
そこら辺の慈善活動より元気になります。
元気になります。
他の多くの人はくだらないと感じるかもしれません。
でも、元気になります。

・・・・・
それでいいんです。
たとえ君が認めなくても、好きな人は好きなんです。
どれだけ認めぬ人がいようと、好きな人が必ずいるんです。
その力を多く集め、そしてあふれ出たころ大衆のものになるのです。
私の音楽もそうでありたい。
別窓 | 今日のしらが | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |