トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

罪眠

クリスマス

靴下を枕もとに
寝ている間に サンタさんが
朝起きたら プレゼントが


寝ない私にサンタは来ない
やるべきことが多すぎて

もはや一日の中で 睡眠をとる時間など与えられなかった

寝ていては何も現実は進まない
心身が耐えられるならいくらでも起きている

寝ることが罪
寝ることが罪
寝ては何も現実は進まない


でも結局 
私も人間なんだ

幻覚を見て
幻覚に襲われて
明後日 気づくのは
未来を失った事

パンクしているケイタイ
荒れ果てた部屋
時間もわからない

また孤独になった
寝なかった代償に

代償・・・

なら 寝なくても罪
寝ないことが罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪

許してください

好きで睡眠をとらないわけじゃない

許してください

好きで睡眠をとっているわけじゃない

睡眠をとらなきゃいけないヒトに生まれたのが罪であるのか


寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪
寝ても罪
寝なくても罪

いつ寝ればいい?
眠りたい
眠りたい
眠りたい

君の腕の中なら 永久に・・・





スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

一期一会

旅先で出会った
旅人と出会った
これぞ最高の一期一会

間違ってはいけない

そんなものくだらなく思えるほどの一期一会が存在する

生きている中で
彼氏彼女と呼べる人間は
人によって違うが"一人以上"はいる

お父さん お母さん と呼べる人間は"一人づつ"しかいない
ましてやお母さん 
まさか二人から同時に生まれて 
今の自分がいるわけも無く
生んでくれた人は
間違いなく 全宇宙を探しても一人しかいない

こんなに大きな出会いは他にあるであろうか
これぞ特大な一期一会である

どんな恋人よりも 愛すべき女性である



P.S
こんな事を書いてマザコンなわけじゃないよ たぶん

え?なんですか?
じゃぁ僕は
マザコンでアキバ系で電車男だとでも言いたいんですか?
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

電車のホーム

なんだか私 最近気配がないようだ
気配を感じてくれないんだ

人が背後から近づくと
少しは気配を感じ 視覚でとらえる前に
精神が準備をはじめるはずだ ビックりしないように
なまずがいち早く地震を察知するように・・・

しかし
私が人の背後から近づくと
当たり前の様にびっくりされる
急に訪れた自然災害か
まるで この世で見てはいけないものを見てしまったかの様な表情をされる

わたしは

わたしは・・・

生きていると勘違いしている死人か
死んでいると勘違いしている生命か

どっちでもいい
とりあえず 電車のホームで人の後ろに立つのをやめよう
線路内に落ちられデモしたら大変だ!
柱か時刻表の後ろに立てばいいんだ!!

最近電車ネタが多くなってきた

えっ?
誰が「電車男」だってぇ?



別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コーヒー伝説 5

冬も始まり
自販機のHOTが増えてきました

連続して並ぶ自販機
よく見る光景だ
でも 購入する自販機は最初から決まっている
あの 大好きな"J缶コーヒー"

「HOT」押した 
出てきた
・・・・・・・・・・
冷たい

”なぜだ なぜ冷たいのだ 私は「HOT」を押したではないか
ぬるいどころかso cool!

ミスだ 業者のミスだ 
連絡しようとしたがめんどくさいのでやめにした
きっと誰かが自分と同じように気づいて連絡するだろう
業者だって気づくだろう・・・

数日後 また買ってみた「HOTコーヒー」
冷たい(怒)

いや まだ誰も気づいてないんだ
もう少し待ってみよう

半月後 また買ってみた 例の「HOTコーヒー」
冷たい

なぜなんだ なぜ誰も気づかんのだ
この自販機は「HOT」って書いてあるのに冷たいんだよ
気づいてるとしたら なぜ業者に連絡せんのだ
まさか・・・
みんながみんな他人任せなのか

そう・・・だった
この世界はそんな人間の集まりだった
そして
私も、その一人だ

一月過ぎても その自販機の「HOTコーヒー」は冷たいままだ
このまま冬を越すのか
いやその前に
HOTなジョージア飲ませろ



別窓 | コーヒー伝説 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

忠恕

昔。
いとことレストランに行ったとき、隣の席で、ジュースをクラッシュしてる人がいた。
一斉に視線が集まる。
誰も、手伝おうとしない。
だけど、みんな見ている。
笑っている。

いとこが言った
「見ないようにしないと・・・かわいそうでしょ?」
衝撃的な言葉だった。
こぼしたことがかわいそうなのではなく、
不幸を注目されていることがかわいそうなのだ。
かわいそうにしているのは、自分自身だった。

それから、同じ状況になるたび、その言葉を思い出さないときは無かった。
10年以上も生き続いている言葉。
野次馬と化す時、見ている自分が痛い。

人間は、他人の不幸をあざ笑う。
ミス、事故、死 それは避けることのできない定めかもしれない。
だから、笑って不幸にしてはいけない。
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

パソコン作った

さぁファーストアルバムが決まったよ!
普通、練習に励むところ、なぜか、パソコンを組み立てていた。
僕の、思想を性格に表現してくれるコンピュータ。
もう、おじいさんになっていたから・・・

頭脳と母体と思い出。ちょっと若返らせたよ。
がんばろうぜ、"TN..."
051120_1748~01.jpg

そう、こいつが"TN"の正体かも。。。

間違ってはいけない
私はアキバ系ではない
作曲家だ!
でも、うちのお父さんが、アキバ系だ!!
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

優先席の不幸な出来事

One day
ここは日本、とある都内の地下鉄。
優先席に若い男が乗っている。一番ドアに近い隅だ。
見た目は学生だろうか、おとなしそうな印象をもつ。。。

開いたドアーから、腰の曲がった老人が入ってきた。
その老人は、最初から優先席を狙っていたのだろうか、まっすぐに優先席の前に向かう。
しかし、時間帯もあって一般席どころか優先席も空いていない。
ちらほらと立ち乗りも見えるくらいだ。
腰の曲がった老人は、つり革には手が届かない、座席の横にあるパイプにつかまっている。
案の定、電車が揺れるたび、その老人も一緒になって揺れ、足がもたついている。たまに、おとなしそうな若い男と向き合う形にもなる。

そのとき、おばさんの声がした。
「あんた、席譲りなさいよ。」
優先席前のつり革につかまっていた、おばさんから、最初に話した若い男へ向けられた言葉だった。
若い男は、かなり困惑した様子で、下を向いた。動かない。
「何で譲らないのよ!早くしなさいよ。あなたのお祖父さんがこの人だったらどうするの?!相手の立場になって考えなさい。若いのに・・・○△×■◎?*$б・・・・」
大勢の人は、この状況を、若い男にしか非が無いと思うだろう。目に見える状況だけがこの世界を作ってしまっているから。。。そして、私も、その一人だった・・・

若い男が口を開いた。
「僕・・・義足なんです・・・」
そういって、ズボンをまくって見せた。
「最近、つけたばかりで、痛くて病院へ向ってるんです・・・」

どうして・・・どうしてこの男性は、こんな大勢の前で、‘私は義足です‘なんて言わなきゃいけなかったんだ。
こんな大勢の他人の前で、自分の嫌な所を見せなきゃいけなくなったんだ。どうして、知りもしないおばさんに、人間性まで、言われなきゃいけなくなったんだ。
男だからか?若いからか?腰が曲がってないからか?

電車の優先席に座るには、‘私は身体障害者です‘という目に見える証拠を持っていなければ座ってはいけない場所なのか。‘私は目には見えませんが、病気で立っているのもつらいです‘と紙に書いて体に貼って乗るか、一緒にご乗車している皆さんに、こうこうこういう理由により優先席に座りますと、公表して座る場所であるのか。

優先席くそくらえ
こんな世界、国際救助隊サンダーバードですら救えんわ



別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |