トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

猫とわたし5

不思議だね・・・

一度は自ら離れていったのに

音楽を書き続けていく毎日が

そうさせたなら いいよね

寄り添って 

手を繋いで歩いて

猫「いつでも逃げ道になるよっ」
ねこ


って 

そんな格好で言われるのもどうかと思うけど

それでも そう言ってくれて

心を開いた君には

君の悩みを話して欲しいと思うんだ

(飼い主と何かあった?)

でも 君は誰かの飼い猫だし

君を愛する人は他にもいて

ろくに面倒も見れないような生活の私を

選ぶ必要はないのだよ

それでも 来てくれるなら

もうドア一枚さえ 挟む必要もなく

待っていられたらと思うんだ


そんなで

恋人同士にもなれない二人には

出逢いは突然あったけど

ずっと別れはないからね


二人で泣いた時間がきっと

これからも導いてくれると思うんだ

君の優しさに気付いた私には

今じゃ 大切な心の拠り所なんだね


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 猫とわたし | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Dear My Friend | トーマの部屋 ルナリアン | 猫とわたし4>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-07-06 Thu 06:28 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |