トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

Love is music

全て理解してくれる人

全く理解してくれない人

同じ音楽を聴いているのに

意見は分かれる

できれば前者と関わって生きたいけれども

そうはいかない

愛する人に音楽を

「見返りもないのにどうして書くのですか?」

LOVEが返って来ることが目的なのではなくて

届けることが一番なんだな

LOVEが返ってくるか来ないかは

三次元の世界を作っている要素が
左右させるから

それが単純に僕のLOVEの与え方なんだな きっと

普通なら

ずっと一緒にいたり

一生を誓ったり

それでも

相手のLOVEを得られない時は得られない

それと一緒で

作曲がLOVEの表現

それしかできない・・・



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<緊急告知 | トーマの部屋 ルナリアン | 奇人>>

この記事のコメント

愛とは与えられるものではなく与えるものだと、誰かが言っていたのを思い出したよ。
どれが本当の愛って決めつける事はできないけれど、どれも、どんな形でも、愛とは素敵なものだと思う。親から、友達へ、恋人同士で、ゆるしあえる関係が愛だなって思う。まとまりなくてごめんね~(хх。)
2006-07-23 Sun 01:24 | URL | えん #-[ 内容変更]
冬馬さんは音楽で 作文得意な人は文章で
自分に適したツールでLOVEを届ければよいと思うのです
「見返りを求める」のは小手先のちっちゃいLOVEだから
冬馬さんにはもっと「どでかいLOVE」を表現してほしい
…なんてふうにも思う今日この頃 ファイトでございます♪



2006-07-22 Sat 05:27 | URL | さよりん #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-07-22 Sat 03:23 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |