トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

システム

好きで男に生まれたんじゃない
好きで日本に生まれたわけじゃない

いくらそういっても
どこかで何かに決められたオペレーションシステムにより
人は生きていく

男になりたい女
でも
女というシステムの上で人生は構築される
男へシステムを変更しようとしても
女に生まれたというシステムを
アップグレートしたにすぎない

その前に人間であるというシステム
犬になりたいから犬として生きてみても
犬のまねをしてる人間にしかみえなくて
社会からは崩壊した使えないシステムとして
圧縮され除外される

ひとつの体で共存できない
二つのシステム 男と女
共存してしまうと起こりうる問題
アプリケーションがうまく起動しない
両システムの崩壊
システムファイルの修復(器官系)
サポートに対応できない

自分で自分のTOPにあるシステムは決められない
自分で決めた道を歩んでも
人間である 男であるというシステムの上で
選択しいろんな機能をインストールしてきたに過ぎない
インストーラーはやはり標準で備わっているようだ
普通誰でもインストールするアプリは
食べる
寝る
排泄する
話す


私は作曲機能を持ったアプリケーションをインストール
したみたいだ
いらないアプリケーションはアンインストールしたこともあった
人間のハードディスクは少ないから




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<若さ | トーマの部屋 ルナリアン | 出会い>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |