トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

涙を届けに行きたいほど

2006年6月25日
僕のファーストアルバム「Lunalian」がリリースされ

それにまつわり 

様々な出会いがありました

一番大きく感じたのは

僕の曲を

"どの音楽よりも好んで聞いてくれる人"

との出会い

その人達は
ただシンセやピアノの音が好きだったり
趣味で聞いている人だけではありませんでした

普段の生活に追われている人
悲しいことがあった人
現実の中に夢を見たかった人
胎教に使っている人
親しい人を亡くした人
過去に辛い経験をもっている人

自分の生活の事を詳しく話してくれる人もいます

"救われました"

"だからこそ 聞いている"

そんな言葉に 時折 涙します

そんな人達の生活の中で "僕の曲が生きている"

その事に 責任感をも抱いて

こんな自分じゃダメだと 叱ります

そして いつもいつも

あたたかいメッセージを送ってくれます

決して

"ちっぽけな一通だ"なんて思わないで下さい

一人一人に強く強く 感謝しています・・・


あなたが もし・・・

僕より先に亡くなる時なら 

僕は必ずあなたに

自分の涙を届けに行きたい

と思うほど 感謝しています


様々な事情で

ライブにあまり足を運べない方々がほとんどで

そういう視聴者を持つ僕が

披露の場をライブハウスにしている事に

疑問を抱くこの頃です

それでも足を運んでくれている方もいて

でもやはり そういう方々に

僕の好きな"場所"を選んでいるわけですが

"場所"で負を与えてしまっているのではないかと

思う今日この頃です

ロックやポップスとは違う視聴者が

大変多く身を寄せてくれます

そういう視聴者の為に

僕は "良き演奏の場"を選んでいるのか

疑問を抱く今日この頃です


ごめんなさい。。。


1月27日 今まで続けてきた
"Live Lunalian"の幕を一度閉じます

よ~く考え ライブの場へ戻って来たいと思います

それでも 僕はやはり

自分のイメージに合った"自分の好きな場所"を

選んでしまうのかも知れません

でも 一人でも演奏を見たい人がいるなら

いつか月からまた来るべきなんだと思います

僕が作った曲は もう 

僕だけのモノではないのですよね?

そんな お手紙をくださった方に感謝します

いつかまた

"Live Lunalian"の次は

"Lunalian 怒りのアフガン"で会いましょう

(↑ランボーか)


-----------
1月27日
二藤部冬馬/TN NETWORK "Live Lunalianファイナル"
at 新宿URGA
18:00open 18:30start \1500+1D(前売)
出演 21:25~ラスト
http://www.tohmanet.com/live

HP→http://www.tohmanet.com/ (pc & mobile)




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 音楽活動 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<トーマのひとりごと 第4回 | トーマの部屋 ルナリアン | かぐや殿下とチェシャ猫姫>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-01-14 Sun 19:16 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。