トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

piano

不思議なことがある
ある曲を弾くとき必ず思い出す人がいる

作曲するときは それを伝えたい人物や
事柄 風景があって 思い出すのは普通のことかな

でも 自分の曲でもないのに 弾くとき必ず思い出す人がいる
それは曲ごとに違う
例えばバッハのメヌエットを弾いている
そうするとある女性の顔が思い浮かぶ
気になる人かと思いきや 
別の曲では男性の顔が思い浮かぶから違う
その人の為に練習した曲でもない
ただ身近にいる人物だ

練習の段階でその人のことを考えていたんだろうか
曲のポイントは別で記憶しているし
作曲するときみたいに曲に人物を当てはめて
イメージ化してしまったんだろうか
面白いほど必ず思い出す
でも詳細は不明だ

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<旅立ち | トーマの部屋 ルナリアン | 出会い>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。