トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

失くした二分の一

憂鬱なルナリアンは、るなりあんの教会へ行ってきました。

そこで神父さんが語ってくださった言葉は、

まるで、わたくしの心を語っているようでした。

"
「失くした二分の一」 by shishow

あなたを思う事が私の全てでした

全てをぶつけることすら上手く出来ずなくしてしまった

あの日から何もかもが中身を得ず

空っぽの心に愛すら曖昧になりそうだ

何のために生まれてきたのかなんて

意味のない問いかけに答えすら求めず

なくした心に偽って

自分とは言えない自分のなかで、なくしたものすら見失いそうな

そんな日々になにを求めて生きていけるというのだろう…

"

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Doですかお嬢さん。 | トーマの部屋 ルナリアン | やめておこう>>

この記事のコメント

恋は人を成長させてくれますね。。。

わたしはいつまでもミスターチルドレン。
2007-07-07 Sat 02:37 | URL | Tohma #-[ 内容変更]
私も同じようなことが過去にありました。
二度、三度と積み重なり、そして今の私になりました。
その過去の疾走を恥じないよう、過去を今を悔やまないように、過去の自分と過去に思った人のために言い聞かせて歩き続けることしかないのだと思いました。
でなければ何のためにありったけのものを出して生きたのか。そうさせてくれたあの人そのものが無意味にだけはならないように、頑張ったことを無意味だと思わないように、必死でした。
今もそうかもしれません。

喪失感。空虚感。やめることはできないと思う自分。
それらすべてを内包しながら生きていく道を模索している自分。

その先に何があるかは分かりません。
でもそうした自分を受け入れて、それでもいいんだと、それだけじゃないんだと認めたうえで初めて書けるものがあるんじゃないかと思っています。
そこにこそ生きるということそのものがあれば、と願っています。
2007-07-06 Fri 13:01 | URL | みや #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |