トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

野獣ロマンス

作曲している時の姿は、誰にも見せたくない。
野獣化しています。


普段の生活でも、野獣のまま男らしくいられたら、上手くいく事も多い。

結局、自分が作る作品にしか自信がなくて、

恋愛とかでも、駄目な部分から見せてしまう。

音楽以外で、自分を表現しようとすると、

嘘の自分に思えてしまう。

皆が言う恋愛の秘訣は、「自分の良い部分から」と。



それでも僕は音楽で・・・

君にロマンスをあげたい




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 恋愛について | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<心は南足柄 | トーマの部屋 ルナリアン | テレビ見ない人>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |