トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

忠恕

昔。
いとことレストランに行ったとき、隣の席で、ジュースをクラッシュしてる人がいた。
一斉に視線が集まる。
誰も、手伝おうとしない。
だけど、みんな見ている。
笑っている。

いとこが言った
「見ないようにしないと・・・かわいそうでしょ?」
衝撃的な言葉だった。
こぼしたことがかわいそうなのではなく、
不幸を注目されていることがかわいそうなのだ。
かわいそうにしているのは、自分自身だった。

それから、同じ状況になるたび、その言葉を思い出さないときは無かった。
10年以上も生き続いている言葉。
野次馬と化す時、見ている自分が痛い。

人間は、他人の不幸をあざ笑う。
ミス、事故、死 それは避けることのできない定めかもしれない。
だから、笑って不幸にしてはいけない。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<コーヒー伝説 5 | トーマの部屋 ルナリアン | パソコン作った>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。