トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

深く、優しい

いつも、曲作りは夜から朝にかけて。日中は、他の仕事に時間を使います。
打ち合わせとか、月面の治安だったり、何かを維持するためですね。

作曲家は夜眠らないって良く言いました。
感情が高ぶるわけです。獣みたいになってます。
夜に書いた恋文は、朝読むと恥ずかしいのと一緒です。

特にどこか出かけたりも、最近はないねorz
南足柄は別だけど、セトハルさんと打ち合わせ込みだし。

そういえば、南足柄に行ってまで、TSUTAYAに行きましたね。

そして、今夜も音階について悩むわけなんですが。
これは、すでに完成された曲で、ライブ時に編曲した曲の清書です。

元はF#調だったのですが、ライブではE調で。
ピアノを弾いている感じがしっくり来たからです。
また、飛び立てる感じのF#調に戻したのですが、
編曲に納得してない事に気づき、組み直し。

主旋律とオーケストラの全体像は一瞬で浮かぶ魔物。
決して迷わない。考えるのは個性と節をつける為の音色。楽器構成と位置。
これなら、E調でも飛び立てる。そして深く優しい。

・・・

そんな感じで今日はアントニオの日です。

1/23 123 

いち! に! さん!だぁ!!!


今日は真面目だな。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<冬馬先生的作曲講座 和音編(保存版) | トーマの部屋 ルナリアン | O型>>

この記事のコメント

ぺーちゃん、初米ありがとう!
遊びましょうね♪
2008-01-24 Thu 01:21 | URL | Tohma #-[ 内容変更]
初コメ
南に来たのなら誘ってくださればよかったのに・・・
今度遊びましょうよ
2008-01-23 Wed 03:41 | URL | ぺー #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |