トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ランナーズ マインド

私は、マラソンランナーでした。

どんなに練習してもレースは苦しい。
だけど、一度もリタイヤした事はありません。

どうしてあきらめなかったのか。

自分の存在を誰も知らない。
誰一人、応援もしていない。

そうなったら、レースも人生もやめている。


自分が走っている姿を見ている人がいる。
”走る事を決めた自分”に負けられない。
だから走ることをやめない。あきらめない。

それが、実際に応援が力になるという事。
それが、何かを決めた自分に負けないという事。

人生の中で、それを実際に感じて生きるのは難しい。

一日の中で、寝たり起きたり、仕事をしたりで、

遠くで応援している人がいる、自分で決めた長い人生を、
走っている事になかなか気付けない。

人はすぐに、周りも、自分自身すら見失う事が出来てしまう。


だから私は、毎晩、走ることにした。

人生もマラソンも、”そういうもの”だということを、
忘れないように。

速くなりたいわけでもなく、強くなりたいわけでもない、
ただ、何かを忘れないため。


私が伝えようとしている「優しさ」や「想い」は、
現代社会の実情とは、相反したもので、
時に、反社会勢力のように追いやられる事もあります。

それを抱えて走っていて、全員に伝えること、
全てを伝える事は不可能だと思います。

生きている間に、どれだけ多くの人に伝えられるか、
走っている姿をどれだけ多くの人に知ってもらえるか。

私が走ることをやめても、
同じ事を伝えてくれる次の世代へ。

こんな私でも、同じ事を伝えてくれる人は、
もういますね?

年齢問わず、年輩の方まで次の世代です。
そしてまた、次の世代へ伝えてください。

伝えたい事を抱えて、もう少し走ります。

私は今も、マラソンランナーです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 囚人「T」(要パスワード) | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マインドトラブル | トーマの部屋 ルナリアン | 赤Aの皆さん。カマーチョです。>>

この記事のコメント

タスキの1本は受継いだよ。

君ほど広くはないけれど、確実に伝えているよ。

教会にも時々遊びにおいで
2008-05-20 Tue 18:51 | URL | SHISHOW #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。