トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

これは、私が記すべき記録であり、全ての人が理解する必要はない。

”人間は神ではない。医者であろうとも。
だけど、救いたい気持ちは誰にでもある。”

これは弱肉強食の場になろうとしている、
とある病院の先生が言っていた言葉。

助かるはずの命が消えていくのを見たそうだ。

優しさや慈悲だけでは人は救えない。

経済的に苦しい患者には、
助かるはずの手術、あらゆる処置、
病状を見てあげる事さえ、国が許さないそうだ。

どんなに助けたい気持ちがあっても、
どうすることも出来ない。

もはや生死を判断するのは医者ではなく、
国やお金が絡むこの社会そのもの。

経済的に有利な順に生き残る。
まさに弱肉強食。

肉体ではなく、お金に強さを委ねた社会に過ぎない。


だけど、そんな世界に住む医師でさえ、
”愛がなければ生きていけない”という。

それは精神的なもの。

結局、人間は”独り”。

”独り”だからこそ誰かに心配してもらえる。
”独り”同士だからこそ頼りあえる。

どうしても利害関係が表立つこの世の中では、
そんな事実も上手く見つけられません。

”世は金”であって、間違っていると解りつつも、
そんな社会に適応する為、地位や名誉、
他人より良い暮らし、よりお金になるものを求めていくのが人間。

そうやって得て来たもの全て取り払った時、見えてくる繋がり。
何もなくなった時に見えるのが真実と想い。

ただ”想い”で繋がる人と人。
その繋がりこそ本当の強さなのではないかと思います。

そうやって繋がって、心が良く生き続ける事が大切。
それが出来たならば、定められた命の長さなど自慢ではない。


”私はそれを他人に解かってもらおうとはしない”

他人の気持ちなど、誰も真に理解などできはしない。
例え相手が愛する人であろうと、ただ”共感”が出来るだけだ。
一人一人、人格は違う。

何を考えどう生きたのか。
他人の記憶に残す事。

それが私の仕事であり、願いです。

これは、私が記すべき記録であり、
全ての人が理解する必要はない。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 囚人「T」(要パスワード) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<くり返しの日々 同じ言葉でも | トーマの部屋 ルナリアン | suo gan>>

この記事のコメント

お久しぶり
世界のみんなが一番中心なものが愛だってわかれば、
弱肉強食も金もなんの意味もなくなるのにね
2008-06-22 Sun 13:50 | URL | あすか #-[ 内容変更]
全てではないが弱者に手をさしのべて来たのもまた人間の歴史

人が持つ悪意とは、人が理性によって保つ善意より遥かに大きな力を持っています


沢山の悪意に強く影響された人間は、善意の無力に絶望するそうです


しかし、人は理性によってある程度の悪意を封じる事は可能です


心の中の悪意が自らの理性を越えてしまい前に誰かの善意に気付ければいいのですが…
2008-06-15 Sun 20:59 | URL | shishow #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。