トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

悪夢

この世に、本当に悪夢が存在するなどとは、
実際に見るまでは、その恐ろしさを知らない。


何者かに追いかけられ、
暗闇の中へ落ちていく。

夢か現実か。

どちらかもわからないまま目が覚め、
夢だったと気づくには、すぐにはいかない。

体が揺れているのが分かるほど、
心臓の動きは激しく。

こっちの世界まで、恐怖を連れ込んでしまう。

また同じ夢を見るようになっちまった・・・ by アムロ・レイ


息を取り戻した頃眠りにつくも、

また同じ夢。

激しい動悸。呼吸の乱れ。
眠る前から、耳元を激しく血が流れ始め、


何度、寝付いても同じ夢に戻ってしまう。

それは、必ず。


また見てしまうのではないかと、
眠ること自体が怖くなり、

その恐怖がまた、悪夢を呼ぶ。

悪夢。


そんな自分の為に、

「suo gan」 という曲を作った。

これは元々、イギリスの民謡で子守唄的な存在。
声変わりしていない”少年”が歌うのが主流。

私が私なりに私の為にリミックスしたものです。
よく眠れるように・・・


いっそのこと、永遠の眠りでもかまわないさ。


永遠の眠り・・・

永遠・・・


永遠とは死のことを言うのだろうか。

確かにそこで終わってしまえば、
その状態が永遠になる。


「今死ねば、私たちは永遠になれるわ・・・」

ある女性に、そんな言葉をいただいた事もあるが、

私はまだ生きている。


もしあの時、本当に死んでいれば、

君と二人で永遠になれたかも知れないね。

かぐや姫・・・

↑危険な女か


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<8月の冷たくもない雨 | トーマの部屋 ルナリアン | プライド>>

この記事のコメント

眠らない殿下も悪夢を見るのですね^^;


眠れないなら眠らずに突き進め!!!
2008-08-09 Sat 16:30 | URL | SHISHOW #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。