トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

恋文2

”時が過ぎて
 やっぱり君が好きなんだ
 
 君が一番
 僕を知っている
 君は知らないふり
 でもそうなんだ
 
 死んでも生きても
 君の元へ帰りたい

 嘘はなく本当に
 君が住む星で
 僕は生まれ
 僕は育ったんだ

 旅はいつも帰る為にする
 帰らない旅はただの引越しだって
 誰かが言っていた

 宇宙の果てでも
 還りたい
 ただ一つ
 君がいる場所へ

 君が忘れられない
 優しい時間が忘れられない
 
 だから
 やっぱり僕は
 君の事が好きなんだと思う
 
 そんな気持ち
 伝えておくよ

 伝えられなくなる前に
 伝えておくよ
             ”  
 



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 恋愛について | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<愛しい | トーマの部屋 ルナリアン | 恋文>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |