トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

夏と冬が隣で夢を見ている


夏は冬の優しさを
冬は夏の温もりを

求め合える
今はそんな季節


本当は次の約束も
存在しない二人

いつの間にか
二人でいた秋


冬の予定もわからないまま
夏の約束をして

出逢った時と同じ季節が
今年も廻る


夏の走り書きを覗いたのは
君が望んでいたから

夏の理由を尋ねるのは
冬も求めているから


どれだけ一緒にいたのか
正確な数字を覚えている

何度季節が廻っても
同じ時間は訪れるかな

変わり行くとしても
季節を誰も責めはしない

だから・・・

冬の予定もわからないまま
夏の約束をしよう


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アフター6 | トーマの部屋 ルナリアン | 大公開(大航海)>>

この記事のコメント

ふむふむ、同じ時間訪れたら何もかもやり直すよ俺
2008-10-03 Fri 09:26 | URL | Analog #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |