トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

4月1日

恋愛はだまし合いか

演技したり
普段使わない言葉を使ったり
普段しないことをしたり
できもしない事やったり
優秀な人間と思わせたり
うそばっかり
恋愛はだまし合いか

そしてみんな"恋"と呼ばれるものに
落ちていく

これでいいのかなぁ

もっと脳波と脳波のふれあい
みたいな出会いはないのかなぁ
最初から言葉なんか要らない
自分を繕う必要も無い
そんな出会い
もう一度

あっ
中学生の時と
考え方変わってねぇじゃんme!




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 恋愛について | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<音楽室の男達 | トーマの部屋 ルナリアン | 恋文3>>

この記事のコメント

わたしは、その演技したりが全然できないんですよね。
だから、「つまらない」「恋のかけひきがわかっていない」
と言われて、振られます。(T_T)
恋愛って、雰囲気とか演出なんでしょうかね?
スキはスキではダメなんでしょうかね?
石川啄木は「ふるさとは遠きにあって思うもの」と詠ったけど、
わたしにとっては
「恋愛は遠きにあって思うもの」です。(;_q)]
それでも恋は楽しく、曲がつくれるようになるから、ありがたいです!

2006-04-27 Thu 03:24 | URL | チェシャ猫 #4c2.GtNw[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。