トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

音楽室の男達

どうして君は
別れたからって
もう終わった恋だからって
僕がいない事にできるのですか・・・

そこにいるのに見えていない
そんな横顔
存在しない”存在”

人生の中に僕はいなかった
人生の中で僕たち二人は
出会わなかったみたいに
そんな大きな嘘
どうしてできるのですか・・・


ごめんね
本当は
そんな事も出来ない
男の方が女々しいんだ

でもね
僕には過去を積み重ねる勇気があるんだ

どんなつらい事も
悲しかったことも
決して消去することなく
いつもどこかで思い出せて
また強くなっていくんだ

音楽室の巨匠たちは
どんな想いを積み重ねただろう
そうして僕も
曲を書いているんだよ
君には想像も出来ないほど
強い意志で
伝えたいと想うほどに・・・
また曲が浮かんで
君に逢いたくなるんだ

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 恋愛について | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<優しさを糧に・・・ | トーマの部屋 ルナリアン | 4月1日>>

この記事のコメント

ようやく下らない芸名捨てたのに、今度は恋煩いかい?
大して付き合い長くないのに、がきの頃から知ってるように思うのは理解出来ないからかもね。ってかしなくても構わないんだね、君の場合は
2006-04-05 Wed 16:09 | URL | シンヤ #iWWx5REQ[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |