トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

七三分け

ちょっとブログのタイトルを変えてみました。
意外にこのブログ誰も読んでないのでは?
と思い。"ひとりごと"ってつけてみました。

そう"ひとりごと”
鏡の前で話すようになったら終わりって
いうのを聞いたことがありますが、
そんな事ないと思います。

なぜかというと、自分の顔って鏡でしか見れないからです。
自分と向き合えるすばらしいプレイスだと思います。

でも、鏡に映る自分は左右が逆なんですね。
たとえば鏡で七三分け
鏡の中の自分は向かって左からバーコードが来るようにセットされています、でも、他の人から見ると、向かって右からバーコードが生えてるわけです。

自分の顔を正しく見るのってとっても難しいですねぇ。

ひとりごとです
気にしないでください


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<水戸黄門 | トーマの部屋 ルナリアン | last smile>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |