トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

S+V+O 型

この文型は、述語動詞(V)の後に、目的語(O)がくる文型である。

(1) Torenov Y. Minovsky invented the Minovsky Particle in 0069 U.C.
(2) I know it.
(3) Sayla enjoyed swimming in the earth.
(4) I think she is a Newtypes.

(Torenov Y. Minovsky = トレノフ.Y.ミノフスキー)(Minovsky Particle = ミノフスキー粒子)

この文型で用いられる動詞は、後に目的語(O)をとり、補語(C)を必要としないため、完全他動詞と呼ばれている。こういった動詞の分類については、補語の有無で完全か不完全かにわかれ、目的語の有無で自動詞か他動詞かに分かれる。しかし、一つの動詞も文の内容によってさまざまな用いられ方をするので注意しなければならない。

完全自動詞→  目的語(無)、補語(無) S+V

完全他動詞→ 目的語()、補語(無) S+V+O

不完全自動詞→ 目的語(無)、補語(S+V+C

不完全他動詞→ 目的語()、補語(S+V+O+C

 

 

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | Let's study English | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<S+V+O+A 型 | トーマの部屋 ルナリアン | S+V+C 型>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。