トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

ゲゲ

ゲゲゲの鬼太郎ではありません。映画「解夏」です。
一人の青年が失明してしまうお話でした。

さて、失明するとはどういう事でしょうか。
・・・・・・
最後に見たものが永遠となる・・・

好きな人が老けても最後に見た顔が永遠の君になる
高層ビルが建ち、街の景色が変わっても最後に見た景色が我が街

思い出か記憶の中でしか世界を見ることが出来ないのか、あるいは、その他四感によって補っていけるものなのか・・・

・・・目を閉じ考えてみる・・・

     ↓


私の心は失明してるのか
すぐに思い出と記憶にすがりたくなる
知っている技術と言葉だけで明日を生きようとする

きっと心も失明する場所なんだな
病名は何?

ただ視力が悪いだけなら
心の瞳に眼鏡をかけて
そのうち良くなるかな
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<睡眠 | トーマの部屋 ルナリアン | コーヒー伝説 1>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |