トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

月へ連れてって・・・

もっと空へ・・・

もっと空へ・・・

空へ・・・もっと宇宙(そら)へ

上がれ・・・


何度つぶやいただろうか

飛行機が離陸してから水平飛行へ移るまで

何度思ったか


こんなに上がったのに

まだ届かない 宇宙

月へ連れてってくれ

地球の重力を振り切るには
ロケットじゃないと無理か・・・
垂直に上がるのが一番早いよな・・・
レアな雲の上
景色を眺めては寝れないよ

そして
また地上に降り立ったLunalian
tohma



某新聞社ならびにテレビ局の方

こんな感じで寝れずに
死にそうな私の話を聴いてくださってありがとうございました。

あの時すでに起きてから30時間経過しておりました。

記事がーーーーーーーーーーーーーー

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ひとりじゃない | トーマの部屋 ルナリアン | 昔から言ってるから>>

この記事のコメント

そう・・・月へ到達できたなら、月の裏からまた新しい宇宙が見えてくるのですね。「ここでいいや」「これで満足だ」なんて言ってる暇もないほど、宇宙は広くて、僕の夢もまだまだ続いていくのです。夢に定年退職は無い!
2006-06-06 Tue 01:26 | URL | Tohma #FDDq9IZE[ 内容変更]
ほんといい事いうね、みんな。
魅せてなんぼの世界で、大変なことばかりだろうけど、達成感はとうまだけのもの。一つ一つのことを積み上げて、いつか月に届き、その先の宇宙を私たちに魅せてください。その知らせをいつまでも待っているよ
2006-06-05 Mon 03:40 | URL | en #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-06-05 Mon 01:30 | | #[ 内容変更]
shinyaさんの言う通りだね。何でも仕事となれば辛いもの。しかし自分で選んだ生き方だ。危険な道を選択するのも間違いではない。この世を去る時楽しかったと言える・・・たぶん言えるかもしれない生き方を人は行くべきなんだと思う。
2006-06-03 Sat 22:00 | URL | 007 #-[ 内容変更]
ようやく珍獣を受け入れたんだね。
見世物小屋が君の生きる世界で、僕らとは生きる世界が違うんだよね
日曜大工と建築屋が違うように、趣味の作曲と作曲家とは違う。
楽しいのは間違いなく趣味だからね
2006-06-03 Sat 19:55 | URL | shinya #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |