トーマの部屋 ルナリアン

巷では、かぐや殿下と呼ばれている。なぜか地球に降りて音楽を作っていた月面人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

月光

ある日

すべてがうまくいかないとき

「神様・・・どうか、僕をお守り下さい・・・」

まるで 前に見た映画か何かの台詞みたいに・・・

でも 一体どこに神様が?

神様はどんな顔してるの?
何処の国の人?
若いの?老いてるの?
イエスが神様か?
イエスなんて絵本と映画でしか見たことがない
姿も見せずに私の祈りが聞けるのか・・・

生まれて初めてだったかもしれない神への祈りは

・・・空を切り・・・

信じるものがないむなしさに 天を見上げた


そして を見た

春も過ぎ 少しせっかちになった月
恥ずかしげに 雲から顔を出し

僕を見た

優しく 優しく・・・

静かに照らしてくれた

「キミはずっとそこにいたんだね

生まれたときから 今も これからも

キミは そこにいるんだね」


街灯の光だったかもしれない

でも 僕は救われたんだ

そのとき信じた 月と 月の光に

そして 

今宵も 月へ祈る



Beethoven_gekko_1_k.mid
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今日のしらが | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<宇宙の産物 | トーマの部屋 ルナリアン | 恋愛において>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| トーマの部屋 ルナリアン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。